読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1月映画鑑賞記録。

気付いたら2月になっていた。

時間というものは年々早く過ぎるようで

既に2017年の貴重な1ヶ月が終わってしまった。

 

1月はDVDで1本、映画館で2本、映画を観た。

 

最初は『美女と野獣』。

4月にエマ・ワトソン主演のディズニーアニメ映画実写化の映画公開がされるが、これはフランスで原作版を元に実写映画化したもの。

f:id:yoko28:20170202150828j:image

さすがフランス、な映画なのである。

お正月にDVDでじゃがりこ食べながら観たが、

出来ればチーズとワインをつまむべきだった。

まず主演の女優、レア・セドゥの美しさが尋常じゃない。

そしてベルのドレスがすごい。

何をテーマとしてるのか一発でわかるのだけど、斬新で、新しくて、そして美しい。

特に赤珊瑚がテーマであろうドレスはすごかった。

野獣の城も細部まで作り込まれていて

出来ればきちんとシアターで観ればよかったと後悔した。

ストーリーもオリジナルを加えていたがそれが切なく美しい物語だった。

(野獣がなぜ野獣になったのかの理由なのだが)

 

映像として本当に全てが美しいから

何度でも観たい作品になった。

 

次に観たのは『ローグ・ワン』。

f:id:yoko28:20170202152931j:image

STAR WARS大ファンとしては何としてでも

映画館に行かなきゃと思って

たまたま何もなかった放課後に思い立って

チャリを飛ばした。

感想。

泣けた。

正直エピソード7に満足できなかったから

期待しすぎてはダメだって思っていたけど

これは観るべき!

STAR WARSが好きなら特に!

作り込まれた飛行船の仕組み、迫力ある戦闘シーン、登場人物の繊細な心情、などなどクオリティがとても高くて何も知らなくても映画として楽しめる。

けれどエピソード4、なんなら4〜6を観てきたファンなら

観てる間中ドキドキすること間違い無いと思う。

特に最後のシーン。

エピソード4の本当に直前の話ということなんだけど

繋がった瞬間、ファンならトドメの一撃だと思う。

私はレイア姫を観て思わず涙が出た。

 

速攻帰ってエピソード4を観たくなった。

 

 

3本目は『ドクター・ストレンジ』。

f:id:yoko28:20170202152942j:image

実はMARVELOUSシリーズを映画館で観たのは

初めてだった。

正直自分では観ようとも思ってなかったし

そんなに興味もなかったが

一緒に行こうってなったから観てきた。

アクションとか映像はさすがだなって感じであった。

ストーリーも色んな地域の神話とかを

ベースにしていて面白かった。

けど1つ不満があるとしたら

最初から自作がある前提で話が終わったから

不完全燃焼感がすごい。

え?終わんの?って感じだった。

最終的にアベンジャーズが出てきて終わるのかもしれないけど

とりあえず今作では見解の不一致が起こって

別々の道を行きました、これから戦うことになりそうだ、ってとこで終わってしまったから、

うーん。

終わりって大切だからな、

とりあえず今回の敵を倒した以外は

何も終わらないで映画が終わっちゃったから

私としては△をつける。

続き前提で作られた話よりは

例え連作ものだとしても1つ1つが完結して

ケジメが付いていてほしいというのが個人の見解。。。

 

 

 

2月はとりあえずミス・ペレグリンを観に行くことは決まってるから楽しみにしている。

LA・LA・LANDとSINGも観に行きたい。

 

 

明日は節分です。

 

 *画像は全てネットで拾いました。